動画・GALLERY & PROFILE・リンク

筋整流法創始者である小口昭宣先生のギックリ腰施術の様子です

自分で簡単にできる膝の悩み解消法の動画をつくってみました。道順まで入っています

室内の様子です。明るいですよ。

熊本震災ボランティア(西原村)での施術のようす

筋整流法の一番基本となる施術、腰の四本の腱を引いています。これでギックリ腰などへ対応できてしまいます

膝の調整です。下腿と大腿がねじれていることが多く、関連する筋肉・筋膜を調整した後これでねじれを取っていきます

顔の施術、頭の施術もあります 頭蓋骨周辺の筋膜をゆるめることで頭痛などへの対応もします 後頭部の小さな筋肉は目につながっているのでその調整にも使います

腕の巻き調整。人の筋肉、筋膜についてはある一定の向きがあるようで、これを調整します

肩の施術 肩甲骨周りの筋肉・筋膜をひとつひとつていねいにあたっていきます この体勢で行うのは私独自のもので、熊本の震災ボランティアの際一番好評をいただいております 車で来る皆さんは肩も凝ってるんですね

筋整流法で言う天窓の施術です 医師で腱引き師の斎藤のぶ子先生によると、これで瞬時にα波が出せるのだそうで、脳内物質セロトニンが出るのと同じ効果が得られるのだそうです

 以上、モデルは妻です。出産後2度の椎間板ヘルニアを経験しています。この時の経験から私も代替医療に興味を持ち始めました。

 嫁さんは今でも時々ギックリ腰のような症状で動けなくなるのですが、私がこれに対応できるようになり寝込むことも無くなりました。

プロフィール

 腱引き師 荒武祐宏 (1958年4月生まれ)

 国立大学法人に勤務しつつ、妻の腰痛に苦労した経験から、2013年に腱引き師の資格を取得。

 その後、熊本の震災ボランティア(熊本よい子のお友だち)などに参加し経験を積み、知識の習得に励む。

 自らも膝痛に襲われるも、自ら治しその経験を施術にも生かす工夫を積み重ねる・

2019年定年退職を機に再雇用はせず、腱引き道場を開業。

 鹿児島県鹿屋市出身、姶良市在住