腱引きって何をするの

腱引きって何をするの?

 文字通り腱や筋(スジ)を引きます。引くことによって腱やスジが伸びすぎないよう自己防衛機能が働いたり、それらを覆う筋膜を解放したりすることでいろいろな障害に対応します。

 実は、痛いところに原因があることはあまりありません。原因は離れた意外なところにあります。ですので、原因個所から痛む箇所までスジをとおして楽にしていきます。この場合の「スジ」は筋肉のスジだけでなく、痛みの原因さらに原因の原因というスジまで通すことで体を楽にするという意味もあります。

お医者さまとはどう違うの?

 筋肉や筋膜の支障はレントゲンやMRIに写らないため、お医者さまが筋肉や筋膜へ直接アプローチする施術をされることはあまりありません。

 科学を根拠にされる現代医学では、逆に科学的にみえないものは根拠が無いためアプローチされにくいわけです。

 しかし、昔から腱引きの使い手などは、自分の感覚を頼りに筋肉や筋膜にアプローチしてきました。現代においてもその技術は医学と両立し、医学があまり対象としない事象についても対応することができるのです。

病院にはいかなくていいの?

 病院に行くほどでもないものを整体などで、と思っておられる方もいるようですが、逆です。

 まず病院で骨折やガンなど悪い病気ではないか診てもらうことは大切なことです。

 でも、お医者さまがあまり相手にしてくれないものがあります。科学的に見えにくいものや、命にかかわらないもので「老化」や「筋肉不足」でかたづけられてしまうものです。

 医学が相手にしてくれないけれど、その人の生活に大きな支障となっていることはよくあることです。

 そこで腱引きや整体などの手技が必要になってくるわけです。

 ですので、まずお医者さまに行ってみてください。

 そして、問題ありませんと言われたけど「それでもきついんだけど」という方、試しに一度ご来院ください。

手術はしなくていいの?

 お医者さまに手術と言われたけど迷っている方も、試しに一度来てみてください。

 手術は、現代医学がもたらしたすばらしい技術です。でも当然代償もありますし、なによりも、お医者さまは手術をしても「絶対に治る」とは言ってくれません。

 体にメスを入れることはこわいものです。手術は最終手段に取っておいてまずそれを回避する試みをしてみてはどうでしょうか。


※先日、トミージョン手術の4割が高校生以下で、なかには小学生の例もあるというニュースがありました。

 あなたの息子さんは小・中学生で肘にメスを入れるようで、輝かしい将来があると思いますか。

 将来を考えたらまず手術以外の方法を模索してもいいのではないでしょうか。

                              ※2019年9月現在の話です

民間資格で大丈夫なの?

 柔道整復師や理学療法士など国家資格の方々との違いもお医者さまとの違いと同様です。

 一番の違いは民間資格の場合保険診療にならないことです。ですので交通事故など保険適用されたい場合は整骨院等へ行かなくてはいけません。でも、保険診療に満足できない場合は、腱引きなどの民間資格を試してください。

 自由診療になれば土俵は同じです。後はそのセラピストがどれだけ勉強をしているかの問題です。資格に頼るもよし、資格に頼らず日々経験と工夫を積み重ねるもよし。

 いろんな施術師の方がいらっしゃいます。資格はある程度のレベルを保証しますが、結果の良し悪しを保証するものではないと思います。

 要は、自分の目で確かめ自分にあうセラピストを見つけることが重要になると思います。

どんな施術内容なの?

 当院では原因が分かったら、さらにそうなった原因を探します。つまり原因の原因を取り除く努力をします。それを取り除かないと結局またもとに戻ってしまう可能性が高いからです。原因の原因となっているところまで、スジを通します。

 例えば膝に痛みがあったとしても、膝に原因があるとは限りません。どこかに筋肉・筋膜の固まりがあり、そこが引っ張っているため、引っ張られている膝に痛みが出ることが多いのです。最初に引っ張っている固まりを取らなくては痛みは解消しないでしょう。

 さらには、筋肉・筋膜の固まりができた原因も考えなくてはいけません。多くの場合姿勢が関係してくるでしょう。姿勢に大きく関わる骨盤や足首の調整や、姿勢自体の矯正も必要になって来ます。

 どこまで掘り下げるかの問題もありますが、とにかく考えられる原因まで掘り下げるよう努力します。

姿勢矯正や骨盤矯正もしてくれるの?

 原因の原因を考える場合、体はすべてつながっていることから当然姿勢に関わってきますし、姿勢の矯正のためには骨盤矯正も必要になってきますので、通常の施術の中でも姿勢矯正や骨盤矯正は行っております。

 当然独立して姿勢矯正や骨盤矯正のご希望があれば対応いたします。特別な料金は必要ありません。

 体はすべてつながっているという考え方から行きますと、頭痛、便秘、めまい、いびき、美容なども、すべてひとつの体の中で起きる事象で、それぞれを個別に考えることはできません。結局腱引きはさまざまな悩みに一様に対応することができるのです。

施術にはどれくらいかかるの?

 1回の施術時間は30分から1時間です。初回は聞き取りも含めて1時間みてください。

 期間はご希望によります。原因の原因をどこまで掘り下げるかにもよりますが、1回だけのご希望であれば、そのご希望に沿って最大限の効果をめざします。

 金額は、初回は筋整流法への登録料2千円を含めて5千円いただきます。次回以降は前回と同様の施術であれば30分程度で3千円ですが、さらに掘り下げ姿勢矯正等をご希望される場合1時間程度かかりますので、5千円となります。

      (開院当初は一律3千円で行います)

 なお、小中学生さんは初回2千円、以降千円で施術しますが、必ず成人の方の付き添いをお願いします。

 以上は初回の施術の際に施術計画を一緒に立てていきましょう。

マッサージとはどう違うの?

 目的が違います。マッサージの目的は、「気持ちいい」にあります。なので、全身をひととおりやって気持ちいい時間を過ごしてその対価を払うということが基本かと思います。

 それに対して、当院は体の悩みやきつさから少しでも開放される施術を目的にしています。

 もちろん、全身を行いますが、それは体はすべてつながっているため、どこに原因があるか分からないため全身をひととおり通行きます。

 しかし、途中で原因個所が特定できればそれを取り除くため集中的にその個所に施術を行います。そこがマッサージとの大きな違いかと思います。

院名「二生院」の由来

 福沢諭吉の「一身にして二生を得る」(一身二生)という言葉があり、江戸時代に日本地図(大日本沿海輿地全図)を作った伊能忠敬になぞらえられることが多いことばです。

 私も、新しい人生の出発をしたことから、この言葉の一部をもらって院名にしました。